札幌周辺NAVI 沖縄ツアー&沖縄旅行ならバリエーション豊富な名鉄観光におまかせ下さい。素敵な沖縄旅行をご満喫下さい。

沖縄の海を遊び尽くそう!沖縄ダイビングをおすすめする理由

【その1】なんといってもあたたかい!

平均気温

年間平均気温が20度以上ある沖縄は、たいへん温かくすごしやすい亜熱帯気候。1月中旬から2月上旬にかけては「寒緋桜(カンヒサクラ)」と呼ばれる日本一早咲きの桜が咲き、石垣島では3月の終わりに海開きが行われます。冬でも寒さを感じることなくダイビングができるのがなんといっても魅力です。

このページのトップへ戻る

【その2】なんといっても海がきれい!

天然のサンゴ礁が残る沖縄の海。地元の方を中心とした天敵オニヒトデの駆除活動はもちろん、恐ろしい台風も、海の生態系やサンゴを守る重要な役割を果たしています。台風は海水を循環させるため、いわば海を掃除してくれているのと同じ働きがあるといえます。キレイな海でのダイビングは身も心も洗われ、ほんとうに清々しいもの。ぜひ自然の素晴らしさを体験してみて下さい。

このページのトップへ戻る

【その1】なんといってもあたたかい!

平均気温 沖縄ダイビング 宮古島ダイビング 石垣島ダイビング

羽田から飛行機でひとっ飛び、3時間足らずで南の楽園へ到着です。もちろんパスポートも必要ありません。わずらわしい入国審査もありません。亜熱帯のハイビスカスやブーゲンビレアのやさしい花が迎えてくれ、到着したその瞬間から気分は南国モード!さあ沖縄でリフレッシュしませんか。

このページのトップへ戻る

ライセンスの取得も楽しく♪

ダイビングを始めるなら、断然沖縄がおすすめ!太陽の光の具合で何色にも見える美しく透き通った海、天然のサンゴ礁、色とりどりの鮮やかな魚たち、そこはまさに自然の宝庫です。そして、ダイバーたちを虜にするさまざまな海中の造形美、何度でも潜りたくなる沖縄の海へLET'S TRY♪

沖縄本島 真栄田岬
別名「お花畑ポイント」。色とりどりのソフトコーラルが群生しています。体験ダイビングからファンダイビングなど、あらゆるスタイルの潜り方ができるため、連日ダイバーで賑わっています。

 

沖縄本島 砂辺
スズメダイ、チョウチョウウオ、グルクマの群れが名物のひとつ。沖縄本島で一般的に見られる海洋生物がほとんど生息しており、フィッシュウオッチングにおすすめです。

 

石垣マンタスクランブル
高確率でのマンタ遭遇を誇るポイント。水深は最大で15メートル、平均8メートルと比較的浅い。流れはほとんどなく、ビギナーでもチャレンジOK、カメラ派にとってもじっくり粘ることができるのが魅力。
宮古島 魔王の宮殿
いくつもの穴が複雑に通路でつながっている地形はまさに、海中に棲む魔王の宮殿を巡るミステリーツアーの様です。

このページのトップへ戻る

【その2】なんといっても海がきれい!

きれいな海、澄んだ青空、輝く太陽、どれも沖縄を語るのに欠かせません。
しかし、旅行者の心に印象深く残るのは、やはり沖縄の方のハートのあたたかさ。
シャイな瞳でやさしく接してくれ、打ちとけると熱くカチャーシーを踊る、
そんなウチナーンチュとのふれあいこそ旅の最高の想い出となることでしょう。

沖縄の人と心あたたまるふれあい♪


沖縄県民に根付いた“ゆいまーる”の精神。結びつき、助け合いを意味し、誰にでもあたたかく接してくれます。

飲めや歌えやのドンちゃん騒ぎも最後はみんなで心をひとつにカチャーシーで締め。一緒に踊ればジーンとします。

ライセンスの取得も楽しく♪


インストラクターの説明をしっかり受けて、ワクワクドキドキ憧れの沖縄の海へ。実際にダイビングをしながらの講習。


教材の事前学習の確認と、親切なインストラクターによる講習で、ダイビングのを楽しむための知識を身につけます。

沖縄の海を潜りつくすもよし、世界中の海へ飛び出すもよし、一人前のダイバーの仲間入りです!

仲間や親切に教えてくれたインストラクターとともに、喜びを分かち合える瞬間。さあ沖縄の海へ飛び出そう!